▼アニソンDJちっぺのページ
DJ出演情報や旅行記まとめなど、
ブログ以外のコンテンツはこちら。
 http://chip.pe/

▼各種SNS
気軽に絡んでね!
 twitter / facebook / mixi
 【問い合わせフォーム】
 ちっぺのブログはコメントが書けない設定になってます。
 ご用の際こちらのフォーム(ちっぺの携帯宛)から送信して下さい。
 もしくはtwitter(@chip_pe)へお気軽にどうぞ。
 
 


<< どうしてもテスト | main | 【アメリカrepo】愛してるぜTシャツの作り方(14:かつあげ) >>

【アメリカrepo】愛してるぜTシャツの作り方(13:よく喋るクソ)

0
    ※Talking Poo:よく喋るクソ



    悪ガキとウンコの壮絶な戦いを描く。

    まずは続きをご覧下さい。



    ある日の朝。
    うんこをして気持ちよくトイレから出ようとすると・・・





    ちっぺ「あれ?ドアが空かねぇぞ?」
    悪ガキ「クスクス・・・」



    ちっぺ「チャーリー、てめぇか!」
    悪ガキ「クスクス・・・」



    ちっぺ「おい!閉じ込めるんじゃねぇ!出せ!」
    悪ガキ「Talking Poo!!! HAHAHAHA!!!」






    チャーリーがドアの前に何か重いモノを置いたらしい。
    ドアをガチャガチャやってもビクともしない。






    ちっぺ「遅刻しちまうだろ!早くここから出せ!」
    悪ガキ「クソが出たいってよ。早く出してやれよ。」




    ちっぺ「ふざけんなクソガキ!!!!!」


















    ※いちおう解説

    トイレでウンコをするのは小学生の男子にとって非常に恥ずかしい事であり
    それがバレたら皆に言いふらされてウンコマン呼ばわりされる
    なんていう話があります。これは皆さんもよくご存知かと思いますが。
    実はコレ、日本だけでなく世界共通らしいんです。

    この「トイレのウンコマン伝説」のアメリカン・スタイルは中々凶悪で
    トイレでウンコをしてるヤツを見つけたらとりあえず個室に閉じ込める。

    出れなくなった人は当然
    「ここから出して!」と叫ぶワケですが・・・


    「ここ(個室)から(ボクを)出して!」

    「ここ(ケツ)から(クソを)出して!」

    「よく喋るクソだな」とか
    「早く出してやれよ」とか


    これがアメリカンスタイルのウンコマン
    すなわち「Talking Poo」だそうです。

    むかつくよね。


    聞いた時は笑ったけど。



    ちっぺが通っていたUCSCは「個室」とは呼べないほどちいさなドアだったので
    幸いにも学校では「Talking Poo」のレッテルを貼られる事は有りませんでしたが
    遅刻しました。









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    profile
    categories
    selected entries
    mobile
    qrcode
    search this site.
    others
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM