▼アニソンDJちっぺのページ
DJ出演情報や旅行記まとめなど、
ブログ以外のコンテンツはこちら。
 http://chip.pe/

▼各種SNS
気軽に絡んでね!
 twitter / facebook / mixi
 【問い合わせフォーム】
 ちっぺのブログはコメントが書けない設定になってます。
 ご用の際こちらのフォーム(ちっぺの携帯宛)から送信して下さい。
 もしくはtwitter(@chip_pe)へお気軽にどうぞ。
 
 


<< 演者と観客の境界線を無くしちゃう。という試み | main | #北海道サブカルイベント関係者全体ミーティング の時に話した #ハッシュタグは長くてもダサくてもいいから解りやすさを重視した方がいい っていう話について #カエルでもわかる >>

「プラットフォーム戦略」っていう考え方 #カエルでもわかる

0






    先日ブログに書いたやつ


    「演者と観客の境界線を無くしちゃう。という試み」

    http://blog.chip.pe/?eid=2018




    これは意識高いビジネスマン達の間で

    「プラットフォーム戦略」

    なんて呼ばれているモノに通じます。




    これは「なんか作ってる人達が発表する場所を作る戦略」の事で
    モノ自体を面白くする事は発表者に任せてしまって、
    自分らは居心地の良さづくりに徹底すれば、界隈全体がでっかくなる
    という理論のようです。

    実際にプラットフォーム戦略を取っている例を挙げてみましょ。



    1.ニコニコ動画とかyoutubeとかの動画サイト





    「ニコニコ動画」っていうwebサイトは、色んな動画を見る事ができるサイトですね。
    特に難しく考えなければ、「動画サイト」と「動画を見る人」に別れます。

    が・・・






    ニコニコ動画を運営しているドワンゴ自体が動画を作って公開してるワケではなく
    動画づくりは全てユーザーに任せてしまっています。

    そのかわり、ウェブサイトのアップデートや、ランキング、タグ、コメント機能など
    居心地のよさを作る事に徹底しています。

    そうする事で、俺の歌を聞け!っていう人や、私の踊りを見て!っていう人や
    なんか面白いゲーム買ってきたよ!っていう人達が、
    たくさん動画をアップロードしてくれるようになります

    発表者の皆さんは、誰よりも自分の動画を見にきて欲しいので
    すっごく頑張ってクォリティの高い面白い動画を作ろうと頑張ってくれます。
    で、そんな動画を見に、たくさんの人がニコニコ動画にアクセスします。



    人がいっぱい来るサイトなんで、皆が動画をアップします。
    んで動画をもっとアップしてもらうと、サイトがデカくなるので
    サイトの使い心地を良くする。っていう繰り返しが生まれます。







    2.メルカリとかAmazonとかのショッピングサイト





    困った時はアマゾンにアクセスすれば大体のモノが買えるし
    中古でもいいからなるべく安くモノを手に入れたければメルカリがあります。
    便利な時代になったもんですね。

    なんですけど、








    メルカリを作ってる会社とか、Amazonを作ってる会社には、明確な商品はありません。
    じゃあ、モノを売ってるのは誰かというと、
    我々と同じように、メルカリとかAmazonに登録をしている、いちユーザーです。

    先程のニコニコ動画の例と同じように、
    出品してる人達は出来るだけ自分の商品を選んで欲しいので
    なるべく商品を丁寧に説明してくれますし、

    テキトーなモノをテキトーに売ったらレビューでボコボコにされてしまうので
    会社の新製品であろうと、押し入れに眠ってた掘り出し物であろうと
    ダマすような事はしないでキチンと自分の出品物に自信と責任を持たなきゃいけません。

    いっぽうメルカリやアマゾンでは、より簡単に出品やお買い物をできるようにするため
    エンジニア達がサイトやアプリをせっせと使いやすく整えてくれています。
    そこんとこ「レビュー」って凄い便利な機能ですよね。
    これもアマゾンやメルカリが考えた仕組みです。


    売り手が「とりあえずココに出品しとけば売れるべ」と思えて
    買い手が「とりあえずココ行けば買えるべ」と思える
    恐るべしオンラインショップ。






    3.PlayStationとかNintendo Switchとかのゲーム機





    もう、言いたいことは大体わかってくれたでしょうかw









    ゲーム機本体を作ってるのはソニーですが
    ゲームソフトを作ってるのはスクエニやコナミやカプコンなどですね。

    ソフトを作っている会社は、ライバルより面白いゲームを作るために努力しています。
    ソニーはソニーで、色んな会社にプレステのソフトを作ってもらえるように
    ニンテンドースイッチよりもスゴいゲーム機を作ろうと頑張ってます。

    ゲームがどんどん面白くなってって、
    今では日本のプレステとかニンテンドーのゲーム機が世界中で売られてます。







    4.コスプレダンスパーティ?





    10年前に趣味でDJを始めた当初は↑コレのとおりで、
    てっきり「俺がやってるイベントは面白いだろう!!!」って思ってもらうために
    ダンパの内容を1から100まで全部なんでもかんでもやってしまってました

    なんですけど、洞爺湖ダンパや北大ダンパみたいな超でっかいイベントの運営ともなると、
    単なるちっぺさんの趣味の範疇でどうにかなるものじゃなくなってきました

    FDのちっぺさんも、ここらで自分のイベントで「プラットフォーム戦略」を活用し、
    もっともっとダンパの規模を大きく、なおかつ、ダンパの内容をおもしろく
    やっていきたいものです。

    さて、どうすればいいんでしょ










    ちっぺさんがこれからどんな事を取り組んでいくのがいいのかというと

    コスプレダンパに遊びに来る参加者の皆さんのニーズを捉える事も重要ですが
    同時に、DJやコスプレやパフォーマンスをしたい人達のニーズをキチンと把握して
    それを思いっきり発表する場所を提供できるようにするための仕組みづくりを考えていく
    というのが良さそうですね。

    あんまりDJ達にガミガミ言ったり指図したりせず(いつもゴメンよ・・・w)自由にやらせるけど
    そのかわりキチンと努力してないと出番が無くなっちゃうような仕組みを考えたり。

    一般参加者の中にも「xxして目立っちゃおう!」みたいな事をたくらんでる人が居たら
    すぐに希望どおりの曲をセットできるように整理したり。



    こう考えてみれば、そういうのは今までずっと無意識のうちに「おせっかい」でやってたっぽいようで

    DJブースの前にお立ち台があるとか、
    コスプレアイテムせっせと買い集めて貸し出すとか、
    DJ勉強会を開くだとか
    当日「それ何のコスプレ?」って聞くだとか
    イベント参加者のtwitterをひたすらRTするだとか)


    これからは、こういうのを「なんか良いと思う」じゃなくて
    キチンとした戦略だと思って積極的にやっていこうと思いました。



    うーん。ちょっと楽しくなって来ましたよ。

    これからもっと皆がワクワクしてダンパに参加できるように頑張ろう。





    あ、最後に告知させて下さい!



    こういう「なんたらかんたら戦略」っていうモノを紹介しながら
    じゃぁアニソンDJをどうやって盛り上げていこうか?
    みたいな話をする勉強会を開きます!




    カエルでもわかる!アニソンDJ勉強会
    https://fd.chip.pe/kaeru




    あと、実際に「ダンパで目立ってやろ!」と考えてる人のために
    ダンパで目立つ踊ってみた講習会
    を、実際にダンパで目立ってる人達が開催してくれてます!



    めだトレ!ダンパで目立つ踊ってみた講習会
    https://fd.chip.pe/training







    きてね!!!











    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    profile
    categories
    selected entries
    mobile
    qrcode
    search this site.
    others
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM